フラッシュモブプロポーズを失敗しないための5つのポイント

この記事をシェアする

sunset-691092_1280

プロポーズにフラッシュモブをやりたいという方が急増しています。どんな点に気をつければいいのでしょうか。プロポーズにフラッシュモブを失敗しないための5つのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

フラッシュモブ・プロポーズはデリケート

二人にとって一生に一回の大切なプロポーズ。思い出に残るような忘れられない日にしてあげたいですよね。サプライズでプロポーズをしたいという人に好評なのがフラッシュモブです。

非日常の光景が驚きを与え、自分のために恋人や大勢の人が踊ってくれるという感動的な一幕に涙を流して喜ぶ人も多いようです。

一方、万が一プロポーズに失敗した場合、それはそれは目も当てられない気まずい空気になってしまうでしょう。

フラッシュモブ界では有名な動画ですが、フラッシュモブプロポーズに失敗した海外の動画をご紹介しましょう。

お、おぅ・・・・。胸がキューンとしてしまいます。結婚式で行うフラッシュモブと違いプロポーズで行うフラッシュモブはかなりデリケートです。

こんな悲しい結末にならないために、また大切なお相手を傷つけてしまわないために押さえておくべきポイントをご紹介しましょう。

フラッシュモブ・プロポーズを失敗しないための5つのポイント

girl-698655_1280

フラッシュモブプロポーズを絶対成功させるための5つのポイントをご紹介します。

①相手に結婚する気があるのか確かめる

そらそうでしょ。と思う方も多いと思いますが、少数ながら一発逆転ホームラン的な感覚でフラッシュモブを行う人がいます。

「普通の方法でプロポーズしたら断られるかも・・」という感触でフラッシュモブに頼ったプロポーズをすると間違いなく玉砕します。フラッシュモブに感動して「結婚します!」なんてまずありえません。

その結果、残念ながら双方ともに心に傷を負う出来事になってしまいかねません。

勇み足になってしまわないように、相手に結婚する気があるかどうかよく確かめておきましょう。といってもストレートに確かめられないので困るわけですよね。

一概には言えませんが、お相手の心理は主に次の3つのパターンに分かれるかもしれません。

  1. あなたと結婚したい
  2. 今現在はする気が無い
  3. あなたとはする気はない

1の場合はフラッシュモブをすることを考えられますし、3の場合はムリでしょう。問題は2の場合。

相手が「あなたの事をよく思っていて、いつかは結婚したいけど今じゃないかも」と思っている時にフラッシュモブプロポーズをするのはややリスクが高いでしょう。仮に失敗した場合、一気に冷めてしまうこともありえます。その程度で冷めるなんて人はこちらから願い下げだ!という方以外は、もう少し機が熟してからの方が良いかもしれません。

②相手の好みをつかんでおく

相手の好みや価値観をよく把握しておくことも大切です。日本人は奥手な人が多いので、人前でプロポーズされることをよく思わない人もいます。

一生懸命考えて喜ばせようと思ってしたことでも、感情を害してしまう人がいるのも事実です。

「自分の彼女は大丈夫」と思っている方ももう一度やんわり聞いてみましょう。例えばYOUTUBEなどのフラッシュモブ動画を一緒に見て反応を見てみることもできます。

もし相手の好みがそれ程分からないならもう少し付き合ってみるのも手かもしれません。

③フラッシュモブ企画グループに異性を入れる

仮に代行会社を使わず、仲間内だけでフラッシュモブをやろうとする場合、大切なのは異性の意見を聞くことです。

男性と女性では造りが異なっており、感じ方も異なります。同性だけで話を進めると、ちょっとイタい、スベリ気味のフラッシュモブとなってしまうこともありえます。

出来れば、お相手の友達や家族など近しい人の意見も参考にしてみましょう。「なるほど。」と思えるアドバイスをしてくれるかもしれませんよ。

一世一代の大舞台!準備は周到に行いましょう!

④場所と時をわきまえる

できれば思い出の場所でプロポーズしたいと思いますよね。ここで気をつけたいのが、場所と時間。

ショッピングセンターや公園など管理者のいる場所で行うフラッシュモブは、浜辺などで行うフラッシュモブとは異なります。

大がかりな物にしたい場合、事前に許可をとっておくと安心です。また一言、施設の管理者に言っておくと協力してくれることもあるかもしれません。

またその場所が時間帯によっては、人が少なすぎたり、あるいは多すぎたりということもあります。事前に下見をする時によくチェックしておきましょう。

⑤フラッシュモブ専門の企画代行会社に頼む

フラッシュモブで大切なのはダンス力です。友人にダンサーがいる方は少ないかもしれません。

素人の友達が一生懸命踊ってくれるのも大変ありがたいんですが、素人オンリーのダンスは身内ネタ感がバシバシ出てしまい、それを見てる人からはバカップル扱いされることも。

スマートに、クールにフラッシュモブをしたい方は迷わずプロの企画代行会社に頼みましょう。

実際にフラッシュモブをする方の多くが専門の企画代行会社を使っているようです。

ほとんどのフラッシュモブ会社は、あなたの友人たちにダンスレッスンをしてくれます。プロの指導の下に演出されたダンスを踊ることで素人でも素敵なダンスを踊ることが出来ます。

きっとお相手を心から喜ばせることのできる、一生の思い出になる素敵なプロポーズとなることでしょう。

以上、フラッシュモブプロポーズを失敗しないための5つのポイントでした!一生に一回の大切な節目です!ファイト!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です